ブログやその他中古車の情報

ランドクルーザーの世界での信頼性

今回は若干危ないニュースから、人気中古車について考えてみたいと思います。

アメリカの調査により、フォルクスワーゲンの車の検査結果に不正があったというニュースはまだ記憶に新しいところですが、そのアメリカが今度は日本のトヨタに対しても、あることの説明を求めているというのです。それは中東の過激派組織「イスラム国」がトヨタのランドクルーザーを愛用しているのはなぜか?という質問のようです。

つまり、なぜ彼らのような危険な人々にトヨタの車が渡ってしまったのか、どんな経路なのか?ということを聞きたいようなのですが、もちろんトヨタがそんなことを知る由もなく、そういう組織ですから、何らかの特別なルートで手に入れたことは明白です。

ただ、このニュースからはっきりと分かることの一つは、ランドクルーザーの信頼性は海外でも別格であるということです。

日本では大き過ぎる、燃費が悪いといったイメージも強いですが、それを補ってあまりある性能の素晴らしさがあるのです。是非、中古車サイトで検索してみてください。

必見!中古車相場を読んで購入する方法

株式相場を読むように中古車相場も読むことなんてできるのでしょうか。100%読むことは不可能ですが、ある程度値動きを予測することはできます。つまり少し先の中古車の価格の変動を予測して、今が買いなのか、少し待ちなのかを判断することはできるということです。それができれば中古車を本当にお得に買うことができますよね。

中古車価格の変動を予想するカギはやはり新モデルの発売です。といっても新モデルが登場するとすぐに旧モデルの価格が下がるかというとそういうわけでもありません。モデルチェンジによる中古車価格への影響が出るまでには少し時間がかかります。新モデルが中古車としてある程度出回るまでは、旧モデルも中古車市場の中ではあくまで新しいモデルであることには違いないからです。

それで買いとなるのは旧モデルの中のマイナーチェンジ前の前期モデルになります。こんな風に見ていくと新型モデルの発表も違う見方になるかもしれませんね。こんな情報も中古車検索サイトでは詳しく説明されていますので、確認してみてはいかがでしょうか。

決算時期は未使用車が出回りやすいということ

先回から、大手中古車検索サイトに掲載されている情報を活用しよう、ということを取り上げています。ということで、何故決算時期は「登録済未使用車」いわゆる新古車がよく出回るか、なのですが販売ディーラーはメーカーが決算が近づくと販売目標台数を決めるため、なんとしても達成するために数台を自社購入することがあります。そして目標を達成した上で自社購入した車は未使用車、新古車として店頭販売するのです。こうした動きがあるために決算時期はこうした車が多く出回ることになる、というわけなのです。それゆえ、中古車検索サイトでもちょうど今の時期、未使用者が狙い目ですよ、という情報をユーザーの皆さんに親切に教えてくれているというわけなんですね。

でも、よっぽど中古車流通情報に詳しい人でもなければ、そこまで考えて車を探したりしないですよね。だからこそ、こうしたサイトのプチ情報をなるべくチェックしておくのは役に立つのです。今後、検索サイトを見るときはぜひチェックしてみてください。

中古車検索サイトを十分に活用しよう

大手の中古車検索サイトを見ると、どうしてもすぐに中古車を検索することに目が行きがちなのですが、実は中古車を探している人にとって役に立つ情報がサイトにはたくさん載せられています。

たとえば、今が旬の中古車は何か?この時期は買い時、といった情報が掲載されています。最近だと、ちょうど4月の決算の時期に入っていた頃のため、4月の決算後は「登録済未使用車」が多く流通する、という情報が掲載されていました。これは、どういう車かというと、初度登録したものの使用していない車のことです。ほぼ新車と同じなのですが、中古車になります。新古車とも言うでしょうか。何故、決算の時期に未使用車が増えるのかというと、、、自動車メーカーが決算発表の数字を良くするための動きが関係しています。株価にも影響するので自動車メーカーは決算が近づくと、系列の販売ディーラーに販売目標台数達成のプレッシャーをかけるわけです。同時に達成時の報奨金なども設けます。(続く)

中古車通販とオートディーラーの評判をオープンしました

サイトをオープンしました。

中古車を購入するにあたり、気を付けたい点や参考にしたい点、また様々な販売店であるオートディーラーの評判や口コミについて書いていきます。

また、今はネットの時代。通販でも中古車が買える時代です。通販で中古車を選ぶメリットなどについても書いていきます。